短期間で取れる医療資格|医師事務作業補助者資格の取得方法を解説

施術道具

独立開業権がある職業です

鍼灸師の資格取得をしている人は年々増加傾向にあります。鍼灸は病気療養だけでなく、美容目的でも利用することが出来るため、腕を磨けば様々な場面で活躍することが出来ます。また、独立をすることも可能な職業です。

施術

学校の卒業後が大切な資格

理学療法士になるためには、専用のカリキュラムがある学校を卒業するだけではなく、卒業後の国家試験を合格しなければいけません。そのため、国家試験の対策をきちんとおこなっていて、合格率の高い学校を選ぶことが大切になります。

記事一覧

ウーマン

医療業界の事務職

医師事務作業補助者は、医師の事務作業をサポートする職種で、主に医療文書の作成補助やカルテへの代行入力などの仕事を担います。資格保有は必須ではありませんが、認定資格があります。パソコン操作の技術能力があれば、なお良いです。

鍼灸

医療の資格を取りたい

将来医療の仕事をするため資格取得を考えているのならば鍼灸師がオススメです。鍼灸師は鍼や灸を使ってツボを刺激して自然治癒力を高める国家資格を持った技術者です。資格試験を受けるには専門学校で指定の科目を履修する必要があります。学校は合格率と就職率の高い学校を選びましょう。

男女

養成課程での学習が必要

理学療法士になるためには、養成課程のある専門学校や大学で3〜4年学習し、必要単位を取得してから国家試験を受けることになります。解剖学や臨床心理学といった科目から出題され、合格率は例年約80%です。不合格となった場合の再試験は1年後なので、養成課程ではしっかりと学習することが大事です。

民間資格になります

婦人

知識や技能習得の証明

医師が行う診療行為は、患者の様態を診断し適切な処置をしたり、投薬を指示することだけではなく、文書やカルテを記載したりなどの事務作業が多くあります。慢性的な医師不足で医師の診療以外の作業を軽減するために医師事務作業補助者はいます。医師事務作業補助者は看護師や医療事務のように国家資格が定められている訳ではありません。各医療機関で32時間以上の基礎研修を行い、半年間は研修期間を設けなければいけないと定められているのみです。しかし、国家資格はなくてもいくつかの民間団体が認定する資格があり、医師事務作業補助として必要な知識や技能を習得していることの証明とすることができます。ある民間団体が開催している医師事務作業補助過程は、ほぼ半分の時間を自宅での基礎知識の学習、半分を通学で実践的な診断書や証明書の作成といった内容を学びます。医師事務作業補助過程終了後は、財団法人が実施している資格試験を受験し、合格したら医師事務作業補助者として認められることになります。医師事務作業補助者は医師の指示の下に作業を補助することが目的なので、他の医療従事者からの指示による作業や同じような事務作業でも受付や会計業務に従事することはできません。そこで医師事務作業補助だけを持っていると医療機関で行える業務が限られてしまいますので、医療事務と両方取得する人が多くなっています。受付業務や会計・診療報酬請求業務まで携わることができることによって医療機関内の多くの業務に携われるようになるため、医療機関から期待される人物とされ多くの求人があります。