短期間で取れる医療資格|医師事務作業補助者資格の取得方法を解説

記事一覧

医療業界の事務職

ウーマン

医師のサポート役

医療業界では、超高齢化社会において、今後も需要が増え、求人も増加する傾向があると考えられています。その中で、事務職は女性にとって人気の職種です。育児や家事の合間に働きやすく、パートや派遣など勤務形態を選べることも大きな要因となっています。医療業界ではいろいろな事務職がありますが、医師の事務作業をサポートするのが、医師事務作業補助者です。医師事務作業補助者は、ドクターズクラーク、医療秘書、医療クラークなどとも呼ばれています。現代は、慢性的な医師不足により、医師の過度な労働や質の低下が取り上げられています。そこで、医師の負担を減らすべく、医師の事務仕事をサポートする役割を医師事務作業補助者は持っています。主な仕事としては、診断書などの医療文書を作成補助したり、カルテへの代行入力をしたり、行政などへの報告対応を行ったり、といったことが挙げられます。この中でも一番多い業務は、医療文書の作成代行です。医師の外来診察に同行し、電子カルテで診療記録を代行入力したり、症例登録や行政へ報告する診療データを整理したりします。実はこの医師事務作業補助者になるためには、必ず資格が必要であるというわけではありません。ただ、民間資格を取得することができ、保有していると専門知識や技術を持っていることを証明することができます。受験資格も特になく、誰でも受験が可能です。また、近年は事務作業も電子化してきているので、パソコン操作の技術能力がある程度必要になることを知っておきましょう。