短期間で取れる医療資格|医師事務作業補助者資格の取得方法を解説

記事一覧

養成課程での学習が必要

男女

科目や合格率のこと

理学療法士とは、失われた身体機能を回復させるためのリハビリテーションをサポートする専門家です。回復が難しい場合には、できるだけ不自由のない生活をするためのサポートを行います。そのため理学療法士は、足腰の衰えた高齢者が増えている現在の日本社会では、必要不可欠な存在されています。しかし理学療法士として社会に貢献するためには、国家試験を受験して合格しなければなりません。そしてその国家試験を受験するためには、まずは養成課程のある専門学校や大学に入学し、カリキュラムに沿って学ぶことが必要となります。学習の期間は、専門学校や短期大学の場合で3年間、四年制大学の場合で4年間です。その学習で指定単位を全て取得することで初めて、国家試験の受験が可能となるのです。具体的には養成課程では、解剖学や運動学、臨床心理学やリハビリテーション医学などの学習をすることになります。そのいずれも国家試験で出題されるので、科目に絞って学ぶのではなく、総合的に学習することが肝心です。養成課程での学習内容を理解できていれば、理学療法士の国家試験には高確率で合格できます。年による多少のばらつきはあるものの、合格率はおおむね80%となっているのです。ただし理学療法士の国家試験は、受験回数が年に1回となっています。合格できなかった場合の再試験は、必然的に1年後となるので、理学療法士として早く活躍するためにも、養成課程では集中して学ぶことが大事です。