仲介手数料のコツ

草原

新築の物件は、仲介業者に任せて紹介してもらうことが多いです。 新築物件の情報は、その不動産を提供しているオーナーから仲介業者に渡り、その情報に基づいてサービスが提供されています。 そのため、仲介業者を利用すると効率よく手続きを済ませることが出来るのです。 仲介手数料を支払うときには、一つだけ注意をしておくことがあります。 それは、必ずしも全額新築物件を購入する人が負担しなくてはいけないわけではないということなのです。 そもそも、法律では仲介手数料は折半で支払うことが規定されています。 売る人と買う人が同じだけの割合で仲介手数料を支払う必要があるため、相手から一方的に支払いを求められたときには拒否できるのです。

仲介手数料の特徴は、話し合いによってその割合を決めることが出来るということです。 仲介手数料の簡易的な計算式は、不動産の価格に3%をかけ、それに消費税と6万円をプラスした料金です。 そのため、新築物件を購入したときにはこれだけの仲介手数料を出費しなくてはいけません。 しかし、新築の契約に関して仲介を行ってもらっているのは買う人だけではなく売る人も同じです。 そのため、実際に支払うときには話し合いをすることによってどちらがどれだけ負担するかを決めることができるのです。 中には、契約書に話し合いをせずにどれだけの割合を支出するかが書かれていることもあるため見逃さないように気をつけなくてはいけません。 平均的な相場は当事者が折半した価格なのです。