短期間で取れる医療資格|医師事務作業補助者資格の取得方法を解説

記事一覧

学校の卒業後が大切な資格

施術

合格率を見極めよう

「理学療法士になって体に問題を抱えている方の手助けになりたい」と考えているのなら、まずは対応するカリキュラムがある専門学校や大学に通わなければいけません。しかし、理学療法士になるためには学校を卒業するだけではなく、その後にある国家試験が一番大切だということを把握しておきましょう。そのため、理学療法士になりたいのなら、国家試験のことをもきちんと考えた学校選びが重要だといえます。もちろん、理学療法士に対応する学校に入学すれば、どこを選んだとしても最低限のカリキュラムは用意されています。しかし、そのほかのプラスアルファの授業は学校によって違うため、もしかすると国家試験への対策が用意されていない可能性もあるでしょう。合格できないと卒業前に内定していた就職先も無駄になってしまうので、対策がきちんとしていて合格率が高い学校を選んで、確実に国家試験を乗り切りましょう。なお、理学療法士の国家試験の合格率が高いということは、それだけでも大きな宣伝となるため、自信があるところは公式ページに数値が掲載されています。そのため、100パーセントに近い合格率を実現している学校を見つけだせば、安心して国家試験に挑めるでしょう。また、残念ながら国家試験に落ちてしまったときに、次の年度も受験をサポートしてくれる学校も存在しています。もしも、勉強が大の苦手というのなら次年度のサポートを保険だと考えて、そのような制度を設けている学校を選ぶことをお勧めします。